アスベスト撤去作業 手順 要領

オーロン物産株式会社
HOME 会社概要 お問い合わせ

撤去作業

アスベスト撤去作業(検査は除く)手順、要領

作業区分 手順および要領 特 記
施工調査、計画 1.施工調査

現場にて図面を参照しながら以下の事項について確認、検討を行う。

・アスベスト使用部位および厚さの確認
・施工範囲と工事管理区分の確認
・養生、足場の仮設計画
・更衣室等の安全衛生施設の仮設計画
・廃棄物などの搬出方法の検討


 
2.施工計画書の作成および提出

施工調査等の結果に基づき作成し、施主に提出する。記載すべき項目は以下の通り。

・工事概要(工事名称、場所、期間、内容等)
・管理組織
・安全衛生管理および飛散防止対策
・使用用具、機器類、材料及び調合方法
・施工の流れ
・仮設(足場、養生、安全衛生施設)計画
・作業要領
・確認、検査方法
・廃棄物処理計画
・工事計画表、使用薬剤の説明
・その他必要事項


 
3.官公署その他への手続き

一般建築工事の手続きの他、必要な諸手続き
を行う。


 
安全衛生設備の
設置および養生

1.更衣室および洗浄設備の設置

・作業場以外の場所に設置する。
・洗顔、洗身、うがいの設備を設ける。

 

2.負圧除じん装置の設置

HEPAフィルタを備えた負圧除じん装置を設置
する。

換気回数は
4回/hを標準とする。

3.養生

・アスベストを作業場から外部へ飛散させないように養生する。
・作業員の出入りによるアスベストの飛散を防止するために、セキュリティゾーンを設置する。

 

4.表示、掲示

特定化学物質等作業主任者名と職務内容、関係者以外立入禁止、アスベスト除去作業中等の表示を行う。

 

5.保護具、保護衣

作業者は呼吸用保護具および、アスベストが付着しにくく、容易に除去できる保護衣を着用する。

 
除去処理

1. アスベストの除去

薬液等により十分に湿潤化した後に除去する。

 

2.除去物の処分

除去物の処理方法は以下による。

・除去したアスベストは,適宜密封する。
・除去作業場所において,除去したアスベストをプラスチック袋の中に入れ,粉じん飛散抑制剤等を散布することにより湿潤化して,密封する。
・前室で高性能真空掃除機により,プラスチック袋に付着している粉じんを除去する。
・保護衣等着脱室で,更にプラスチック袋をかぶせ密封し,「アスベスト」である旨の表示を行う。
・除去したアスベスト等の保管,運搬及び処分は、都道府県知事の許可を受けている特別管理産業廃棄物処理業者と特別管理廃棄物処理に関する契約を結び,廃棄物処理場の現地確認等を行う。

 
後片付け

1.清掃

高性能真空掃除機で床等の清掃を行う。


 

2.目視検査

施主立会いの上、除去が十分に行われたかを目視にて検査する。


 

3.養生シートの処分

・シート全体にまんべんなく飛散抑制剤を散布し、沈降するまで放置する。
・粉塵付着面を内側にして折りたたみ。プラスチック袋に入れる。
・当該物は、前作業区分の除去物に準じて処分する。
・養生していない足場等の仮設材は、よく清掃した後に解体搬出する。
・搬出後は、高性能真空掃除機で清掃を行う。


 
完了報告

1.施工記録報告書の作成および提出

下記事項により作成し、施主に提出する。

・施工計画書
・工事記録および工事写真
・産業廃棄物処理記録
・施工調査等の記録
・作業記録
・その他

30年保管を原則とする。
▲PageTop