防水施工 改質アスファルト防水  シート防水  塗膜防水  浸透型吸水防止

オーロン物産株式会社
HOME 会社概要 お問い合わせ

防水施工

防水施工の概要

1.改質アスファルト防水

改質アスファルトを両面にコーティングしたシートを、トーチバーナーによる溶着施工によって防水層を形成する工法です。
従来のアスファルト工法に比べ、熟練技能を必要とせず信頼性の高い防水効果を得ることができ、施工時の臭気や煙も少なく環境的にも改善されています。

工法、製品名

アサヒルーフィング

2.シート防水

高性能な合成高分子材料を用いたシート防水工法はシート自体について言えば優れた耐久防水性を呈し、しかも均一で軽量な防水層を簡単に実現できます。加えて以下のような利点も有します。

・シートの伸縮性に優れているおり、建物の動きに対して耐久性が高い。
・建物の構造を選ばず施工できる

しかしシートを建物の形状に合わせるめ、現場に於いて接合作業が必要になります。ここでシート防水の第一のポイントは、接合部の確実性であり、その確保を前提として使用環境に合った材質及び厚さを選択することになります。 シートの材質としては、主に伸縮性に富んだ加硫ゴム系、施工性(接合性)に優れた塩ビ系、オレフィン系があります。

工法、製品名

ロンシール
アサヒルーフィング

3.塗膜防水

塗装することで防水層を形成させる工法であるため、以下のような利点を有します。

・継目がなく仕上がりの見た目が美しい
・下地が複雑でも問題なく、また狭くて施工が難しい場所などには最適

他方短所としては、性能および出来栄えが現場作業に負うところが大きく、それ故に、作業者の力量(技術、技能、状況判断力)および施工管理が重要となります。材質としては、硬化反応により強靭な塗膜を形成するウレタン系、エポキシ系と、溶媒(水分)が蒸発するのみで弾性に優れた塗膜を形成するアクリルゴム系があります。さらに、ガラス繊維シートを塗膜中にサンドイッチすることで耐久性向上を図ったFRP防水もあります。

工法、製品名

DD工法
ハイドロエポキシ
アロンウォール
パネコート

4.浸透型吸水防止

浸透型吸水防止工法は、コンクリートやモルタル等の躯体表面に塗布・浸透させることにより薬剤がコンクリート中の成分と反応して躯体の毛細管中に結晶体を作り、 これが撥水性を有すると同時に細孔を充填して構造体自体を透水性の無い防水体とする工法です。 この工法は防水層を形成させる工法に比べ防水効果は劣るものの、以下のような特徴を有しています。

・手間を要さず、安価である
・通気性を有すると同時に素材外観をほとんど変えない。
・中性化防止やエフロ防止効果も高い。

さらに、優れた防かび、防藻、防コケ性を有する光触媒機能を付与した浸透型吸水防止工法も施工可能です。

工法、製品名

O−REX

5.その他

その他の防水方法として、地下セメント面の防水施工や、外装材の隙間(目地)を防水するシ-リング防水があります。

工法、製品名

ソロシール
各種シーリング剤

※各種工法を弊社の実績から比較評価してみました。 →防水改修工事適正表


防水改修工事適正表』をご覧になるには、 Adobe Acrobat Readerが必要です。
Acrobatを使用すれば、閲覧はもちろん 保存や印刷も可能です。
こちらから無償でダウンロードできます。

▲PageTop